蜻蛉の滝 | 近畿滝マニア同好会

近畿滝マニア同好会

蜻蛉の滝

夏の暑い季節になると何処か涼しいところに行きたくなりますよね。 クーラーがガンガンにかかった室内も良いですが、せっかくなら何処か自然たっぷりで、かつ涼しいとこに遊びに行きたくなります。 学生の頃なら川で水遊びでもすればすぐに涼しくなれたんですが、 大人になるともう川遊びをするほどの元気はありません。 そんな時には滝!マイナスイオンたっぷりに滝を見に行きましょう。 でも滝というと山奥にあって、中々気軽には行けないイメージがありますよね。 でも奈良県にある蜻蛉の滝なら、すぐ手前まで車で行くことができますし、 大きな駐車場があるので、そこに車を停めて10分ほど歩けばすぐ滝に着きます。 いかにも山登りという格好でなくても良いですし、駐車場にはトイレもあるのでドライブで気軽に訪れることができますよ。 ただ、蜻蛉の滝はこれだけアクセスが良いにもかかわらず、滝の規模としてはかなり大きいんです。 蜻蛉の滝の落差は50メートルもあり、2段階で落ちるようになっているのでかなりの迫力があります。 また、滝が落ちて窪んだようになっているところのことを「滝壷」と言いますが、 蜻蛉の滝のある部分から下を除くと、本当に壷の中に滝が落ちていくように見える不思議な景色を発見することができますよ。 蜻蛉の滝は水の勢いが強く、上部から見下ろすとほぼ直線的に落下しているのがわかります。 初心者でも気軽に行ける場所にあって、かつ見応えたっぷりの蜻蛉の滝。 春になると蜻蛉の滝の入り口には沢山の桜が咲いてとても綺麗なので、 夏だけでなく、春にも訪れたい滝スポットです。