八淵の滝 | 近畿滝マニア同好会

近畿滝マニア同好会

八淵の滝

滋賀県高島市にある八淵の滝は八つの滝が連なっていることからその名が付きました。また、こちらの滝も日本の滝百選に選ばれている素晴らしい滝のひとつです。
八つ全ての滝を見るためには自然豊かで険しい道なりを通っていかなければなりません。そのため、滝を見るという目的だけではなく、アウトドアを楽しむという目的で行く人も多いです。
八淵の滝は八つの滝によって成り立っています。それらの滝は、七遍返し淵、貴船が淵、屏風が淵、小摺鉢、大摺鉢、唐戸の淵、障子が淵、魚止の淵と呼ばれています。それぞれの滝は、同じ一角にありますが、どれも違った特徴があります。そのため、一つ一つ違いを見ることも楽しみの一つになるでしょう。
また、八淵の滝を巡るときには、林道にしか咲いていないような草花、鳥のさえずり、風の音などさまざまな魅力を五感で感じることができます。

八淵の滝にはいくつかの登山コースが用意されています。それぞれのコースで到着するまでの時間や難易度は変わってきます。そのため、どのコースを選ぶかは自分の体力と相談をしましょう。初心者向けのコースや上級者向けのコースは表記されていますので、決して無理をしないことが大切です。